占いには占い内容に得意分野と不得意分野があるからしっかりと目的に応じた占い方法で占う事が大切

占いはタロット占いや風水、星座占いなど様々な占いが数えきれないほどにあります。そんな占いですが、実は、占いによって占う内容に得意不得意があるのです。

例えば、家具を配置する方角や向きなどによる運勢の善し悪しを星座占いでは占う事ができません。これは風水の領分です。
このように、タロット占いや星座占いなどをはじめとした占いには得意不得意があります。

占いの種類

様々な占いがありますが、占いは使用する道具や方法によって大きく組分けすると4つのグループに分ける事ができます。命(めい)、朴(ぼく)、相(そう)、霊(れい)の4つです。

命について

命は生年月日を使用した占いです。星座占い、四柱推命、九星気学、六星占術、算命学、動物占いが命を代表する占いです。生年月日などの不変的な情報を使用し、統計によって占いの精度を上昇させています。

長期的な視点で占う事や、その人の性格・才能、性格による恋愛相性などを占う事を得意としています。ただし、人の気持ちを占う事は不得意としています。

朴について

タロットカードや易などの専用の道具を使用した占いです。易占い、タロット占い、ダウンジングなどが朴を代表する占いです。
直感を重要視した占いであり、短期的な未来や人の気持ちを判断するのを得意とする占いです。星占いのような統計による裏付けがないので、長期的な視点の占いは不向きです。

相について

手相・姓名・方位などを使用した占いです。手相占い、姓名判断、風水、人相占いなどが相を代表する占いです。
手相など今現在のデータから、どうすれば運気を上昇させられるかを判断する占いです。運気上昇を得意とする反面、人の気持ちを占うのには不向きな占いです。

霊について

霊的能力を使用した占いです。千里眼、自動書記、前世鑑定などが霊の代表的な占いです。
占い師の霊的能力の強弱次第の占いであり、得意分野・不得意分野は占い師によって変わります。

目的によって占い方法を決める

長期的な視点の占いをしたい人が、タロットカードのイラストが綺麗で好きだからタロット占いを選ぶという人がいるかもしれません。しかし、前記したようにタロット占いは長期的な視点の占いを不得意としています。

自分が占いたい内容によって占い方法を決定して少しでも占いが的中する確率を上昇させるようにしましょう。

関連記事:

    None Found